北ミサイル新たに2発を確認 韓国軍と同じ8発に

産経ニュース
北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、記者団の取材に応じる岸防衛相=5日午前、防衛省
北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、記者団の取材に応じる岸防衛相=5日午前、防衛省

岸信夫防衛相は10日の記者会見で、北朝鮮が5日に発射した複数の弾道ミサイルについて、同日午前9時台に新たに2発の発射が確認され、計8発だったことを明らかにした。これまで日本政府は発射数について「少なくとも6発以上」と説明し、それ以外は「分析中」としていた。韓国軍は既に8発と発表している。

岸氏は「これら2発は極めて低い高度で短時間の飛翔(ひしょう)をしたものと考えられる。2発の弾道ミサイルの詳細については引き続き情報収集、分析を行っている」と述べた。

北朝鮮が5日に発射した弾道ミサイルをめぐり政府は、先に確認されていた6発について、過去に発射された3種類の短距離弾道ミサイルと同型の可能性があることを明らかにしている。3種類の中には北朝鮮が令和元年5月に発射し、変則軌道で飛翔することが可能な「短距離弾道ミサイルA」などが含まれる。

北朝鮮が今年1月以降に発射したミサイルの総数は今回判明した2発を加えて少なくとも28発となり、1年間の発射数としては過去最高になっている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」