高橋英樹「1時間くらい昔話を…」 石原慎太郎さんお別れの会に舘ひろしら芸能関係者も参列

サンスポ
「石原慎太郎 お別れの会」会場に到着した俳優の舘ひろし=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)
「石原慎太郎 お別れの会」会場に到着した俳優の舘ひろし=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)

9日に東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで開かれた元東京都知事で作家、石原慎太郎さん(2月1日死去、享年89)の「お別れの会」。芸能界からも慎太郎さんの実弟で国民的スター、石原裕次郎さん(享年52)が創業した石原プロモーション出身の俳優、舘ひろし(72)や峰竜太(70)ら多くの関係者が参列した。

舘は取材には応じず、ひっそりと別れを惜しんだ。峰は「慎太郎さんも裕次郎さんもすごい人なんだなと、改めて胸にグッときた」と偉大さを再確認。「2人にお会いできたのは幸せだった」と出会いに感謝した。

慎太郎さんの小説の映画化作品「狼の王子」(1963年)に主演し、私生活でも親交が深かったという俳優の高橋英樹(78)は、慎太郎さんが亡くなる「ちょっと前」に病院で会ったと明かし、「1時間くらい昔話をした。お世話になりっぱなしで、感謝しかありません」と悲しみをにじませた。

「石原慎太郎 お別れの会」会場に到着した高橋英樹=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)
「石原慎太郎 お別れの会」会場に到着した高橋英樹=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)

弟の裕次郎さんと夫の勝新太郎さん(享年65)が親しかったことで知られる女優の中村玉緒(82)は「どんどん皆さん亡くなられるので…」と涙を浮かべていた。(服部裕実)

「石原慎太郎 お別れの会」であいさつする安倍晋三元首相=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)

★安倍氏、叱られた時の笑顔でとりこ 安倍晋三元首相が発起人を代表してあいさつした。自身が大学時代に慎太郎さんと初めて会った際、しわが寄っていた「太陽の季節」の文庫本にサインを頼むと「君、しっかりした装丁の新刊本を次から持ってこいよ」と叱られたと披露。「そのときに慎太郎先生はニヤッと笑った。一瞬でとりこにする笑顔に私もとりこになってしまった」と明かした。

憲法改正にも触れ「『何をもたもたしているのか』との声が聞こえてきそうだ。先生なきこの世で、私の責任を果たさなければならない」と強調。参列した岸田文雄首相は弔辞で「歯に衣(きぬ)着せぬ物言い、信念を貫くための果断な行動で強烈な個性に強くひかれた」と懐かしんだ。



  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?