石原良純「夢託されて生きた」 石原慎太郎さんお別れの会、祭壇は湘南の海

サンスポ
石原慎太郎さんのお別れの会で取材に応じる(右から)長男の伸晃氏、次男の良純氏、三男の宏高氏、四男の延啓氏=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)
石原慎太郎さんのお別れの会で取材に応じる(右から)長男の伸晃氏、次男の良純氏、三男の宏高氏、四男の延啓氏=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)

9日に東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで開かれた元東京都知事で作家、石原慎太郎さん(2月1日死去、享年89)の「お別れの会」では、故人が愛した湘南の海をイメージした祭壇を設置。著書約300冊の表紙を展示したり、愛用品を並べて書斎やアトリエを再現したりと、息子の4兄弟が〝慎太郎ワールド〟を演出した。4兄弟は改めて父への思いを明かした。

「石原慎太郎 お別れの会」会場に展示された著書の表紙と、ディスプレイに映されたスライドショー=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)
「石原慎太郎 お別れの会」会場に展示された著書の表紙と、ディスプレイに映されたスライドショー=9日午前、東京都渋谷区(萩原悠久人撮影)

慎太郎さんが愛した空間が現れた。ワープロがある机のそばに書籍が積まれ、席を立ったばかりのような角度で黒いイスが置かれた書斎。3年ほど前に次男の石原良純(60)を描いた油絵が飾られたアトリエ…。

「石原慎太郎は皆さんに夢を託されて生きた人間。お別れする時間を作らなければならないのが、夢を託された人間の使命だ」。4兄弟の中でも会場準備の中心となった良純が、偉大な父に思いをはせた。

会場内には芥川賞受賞作「太陽の季節」など著書約300冊の表紙、12点の絵画を展示。弟で俳優の故石原裕次郎さんとのツーショットなど秘蔵写真を、スライドで流した。故人が旅立った約1カ月後、後を追うように3月に死去した妻の典子さんの遺影も飾られた。

「お別れの会」は、政界・文壇や芸能界など・一般の3部制で実施。祭壇は青や白のカーネーションなど5000本の花をあしらい、慎太郎さんが愛した「湘南の海」を表現したという。両側に所有したヨット「コンテッサⅡ世」の帆を飾った。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…