台湾野党「親米」アピール 朱主席講演、事務所再開へ

産経ニュース
朱立倫氏(中央通信社=共同)
朱立倫氏(中央通信社=共同)

台湾最大野党、国民党の朱立倫主席(党首)は6日、訪問先の米首都ワシントンで講演し「われわれが親中派というのは間違いで、親米派だ」と訴えた。2008年に閉鎖した同党のワシントン事務所を8日に再開すると表明。米国との関係を強化する民主進歩党(民進党)の蔡英文政権への対抗姿勢をアピールした。

米シンクタンクでの講演で朱氏は、軍事圧力を強める中国との関係について、台湾の自衛能力を高めなければならないとしつつ「中国政府との対話も必要だ」と指摘。人的交流を促進すれば中台間の「緊張を緩和できる」と説明した。

バイデン米政権が台湾を含めアジア重視の姿勢を強めている点に関しては「米国に関心を持ってもらうことは歓迎だが、地域に問題を起こさないよう願っている」と述べた。(共同)

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態