上武大が九回に5点を奪い大逆転で4強入り 谷口監督「九回はたまったものが抜けた」/全日本大学選手権

サンスポ
試合に勝利しナインとタッチを交わす上武大・紫藤大輝(撮影・長尾みなみ)
試合に勝利しナインとタッチを交わす上武大・紫藤大輝(撮影・長尾みなみ)

全日本大学野球選手権第4日(9日、神宮)上武大(関甲新)は準々決勝で福岡大(九州六大学)に5―3で逆転勝ち。連日の逆転劇で4強入りを決めた。0―3の九回、4本の長短打に4四死球など打者11人で5点を奪った。

前日8日の2回戦・東農大北海道オホーツク戦で八回からの2回をパーフェクトに抑えた右腕・紫藤大輝投手(3年、東海大相模)が、七回途中から救援し、一塁ベースで跳ねるアンラッキーな適時打を浴び2失点したものの、連日の勝利投手となった。

紫藤は「きょうは全然だめだった。点を取ってくれると信じることしかできなかった。打者のおかげ」とホッと息をついた。

谷口英規監督は「八回までミスはするし、アンラッキーなヒットで先制され、きょうは? となったし、選手が全然いうことを聞かなかった感じ。ただ、九回はたまったものが急に抜けて、塁に出ようという気迫があった。全国の舞台で緊張できることに感謝しろといっているが、連続で逆転で勝てて、次も試合ができてありがたい」と話した。

上武大は3大会連続18度目の出場。2013年以来、2度目の日本一に「あと2」とした。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」