ロシア軍機?北海道〝異様飛行〟の狙い 空自戦闘機がスクランブル対応 挑発行為の可能性も 「しいていえば空自千歳基地へ脅し」識者

zakzak
防衛省統合幕僚監部が公表したロシア軍とみられる航空機の行動概要
防衛省統合幕僚監部が公表したロシア軍とみられる航空機の行動概要

ロシア軍のものとみられる航空機計4機が7日夜、北海道西方の日本海を日本領空に向かって東に直進飛行した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応したところ、領空手前で方向を変えたという。防衛省が8日公表した航空機の行動概要を見ると、200万都市・札幌市の方向に突進していたようにも見える。この異様な飛行は何なのか。識者に聞いた。

■札幌方面

「近年、類似の飛行は見られない」

防衛省統合幕僚監部によると、4機は北海道西方から日本領空に向かってきた。空自戦闘機がスクランブル対応したところ、2機は1機ずつ離れた空域を日本海上空で旋回飛行して西方へ戻り、2機は樺太方面へ北進したという。領空侵犯はなかった。

同省では、ロシア軍による挑発行為の可能性もあり、警戒を強めている。

ロシアが2月24日、国際法違反であるウクライナ侵攻を開始したことを受け、日本は欧米諸国と協調して「金融制裁」や「輸出・輸入規制」「最恵国待遇の取り消し」「オリガルヒの資産凍結」などの経済制裁を実施してきた。岸田文雄首相は5月のG7(先進7カ国)首脳会合で、「ロシア産の石油を原則禁輸する方針」も表明した。

これに対し、ロシアは、日本や欧米諸国など48の国・地域を「非友好的な国・地域」に指定。ロシア外務省は今月7日、1998年に締結した日露漁業協定について、「効力を一時停止する」と発表した。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終