牛丼店立てこもりで執行猶予判決 千葉地裁

産経ニュース
千葉地裁
千葉地裁

令和3年12月、千葉県八千代市の牛丼チェーン「吉野家八千代台西口店」に包丁を持って押し入り、業務を妨害したとして、威力業務妨害と銃刀法違反などの罪に問われた同市の無職、福田尚宏被告(53)に千葉地裁は8日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

上岡哲生裁判官は判決理由で「警察官の説得に応じず居座り続け、営業を妨害した結果は悪質だ」と指摘。店の従業員の接客態度に不満を抱いたとの経緯に「後日に押しかけてまで抗議するトラブルとは言えない」と非難した。

弁護側は飲酒の影響を強く受けたと主張。上岡裁判官は「飲酒は自制心が弱かった結果だ」としたが「酒を断つ決意や反省の態度を示している」として執行猶予を付けた。

判決によると、福田被告は3年12月15日午後4時10分ごろ、店に入って店員に包丁を突き付けるなどして1時間以上立てこもり、約7時間にわたって店を営業できない状態にした。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月3日OA第86話あらすじ 舞(福原遥)が同期の水島(佐野弘樹)&吉田(醍醐虎汰朗)と再会

  2. 「DAIGOも台所」娘の好きな“総菜”に視聴者ツッコミ!妻・北川景子にも「褒め上手」の声

  3. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」