安全操業協定、露が一方的に中断 日本は抗議

産経ニュース
記者会見する松野官房長官=8日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=8日午前、首相官邸

北方領土周辺で日本漁船が拿捕(だほ)されないための「安全操業協定」を、ロシアが7日、一方的に中断すると発表した。政府関係者によると、日本側は「一方的な発表は受け入れられない」と抗議。日本は協定履行に向け交渉を続ける考えだが、ロシア側の出方次第では既に妥結した日露間の他の漁業交渉にも影響が及ぶ可能性がある。

松野博一官房長官は8日の記者会見で、ロシア側の対応を「遺憾だ」と非難した。

安全操業協定は日露間に4つある漁業協定の一つ。北方領土の主権問題を棚上げした上で四島周辺のロシアが領海と主張する海域で、日本側がロシア関係機関に協力金を払ってホッケ漁やタコ漁などを行う仕組みだ。

今回、ロシアは日本側がこの協力金の支払いを拒んでいることを協定中断の理由に挙げている。水産政策に詳しい北海学園大の浜田武士教授は「ウクライナ侵攻に対する米欧日の金融制裁でロシアへの送金ルートが狭まったことを理由に、日本からの協力金を受け取れない状況を訴えるのではないか」と分析。その上で「協力金を受け取るための制裁緩和や資金調達ルートの特例などを求めてくる」とみる。

今年の安全操業に関する交渉は昨年12月に妥結。ホッケは9~12月、タコは10~12月と漁期が先のため、協定中断による現時点での影響は限定的とみられる。

だが、地元漁協の関係者からは「出漁できても拿捕される不安がある」との声が漏れる。今月には日露間でコンブ漁に関する別の交渉が妥結したばかりだが、「ロシア側に支払う採取権料が発生するだけに、今回の協定中断と同様の理由で見直しを求められる可能性もある」(浜田氏)という。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」