「要らない選手の押し付け合いに…」今オフの現役ドラフト導入に選手や球団は困惑 問題点はクリアできるのか

ZAKZAK

対象選手は各球団が選ぶが、2人以上は出すことになっている。森事務局長は「必ず各球団、誰かが出て、誰かが入る設計にはなっている。2人以上出す球団もあれば、2人だけというところもあると思う」と話した。

供出する選手を球団が任意に選べることなどを理由に「要らない選手の押し付け合いになる」などと選手の間でも不評だったが、この問題点はクリアできるのか。

これは米大リーグで協約第5条に記されていることから「ルール5ドラフト」と呼ばれる制度がモデル。本家ともいえる大リーグ関係者は「MLBではルール5で獲得した選手は翌シーズン、全期間で26人のアクティブ・ロースターに登録しなければならない。だから必要な選手はドラフト(6月)の前にメジャー契約に引き上げられることも多い。日本でいうなら出場機会が増やされる状況」と指摘する。

しかし、在京球団の編成担当は「ヨソはどんなレベルの選手を出してくるのか。どんなものになるのか。全く見当もつかない。とりあえず1回目は手探りの感じになると思う」と困惑するばかり。日本プロ野球史上初めての試みは今年12月2日の保留者名簿提出後の実施が濃厚。制度を骨抜きにさせないことが肝要だ。 (片岡将)

  1. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳