「要らない選手の押し付け合いに…」今オフの現役ドラフト導入に選手や球団は困惑 問題点はクリアできるのか

zakzak
選手会長の会沢はNPB案に前向きな姿勢を示した
選手会長の会沢はNPB案に前向きな姿勢を示した

日本野球機構(NPB)と選手会は出場機会に恵まれない選手の移籍活性化を目的とする現役ドラフトの今オフの導入を目指している。

2日のNPBと選手会による事務折衝でNPB側から素案を示された選手会の会沢翼会長(34)=広島=は「前向きな感じでとらえています」と理解を示し、森忠仁事務局長も「大きな問題があるとは思っていない。除外選手(FA、外国人選手など)について多少は(議論の余地が)あるかもしれないが、大きなところでは進めていける」としており、7月の臨時総会で議論する。

選手会は2018年から現役ドラフトの導入を要望。19年12月には定期大会で「強い要望」を決議したが、コロナ禍と一部球団の反対で頓挫していた。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」