議長不信任案「8日夕か9日朝にも」 立民・馬淵氏

産経ニュース
与野党国対委員長会談に臨む立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長=7日午後、国会内(矢島康弘撮影)
与野党国対委員長会談に臨む立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長=7日午後、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長は7日、細田博之衆院議長に対する議長不信任決議案について「早ければ明日の夕刻、明後日なら朝になるが、それを目途にして準備を進めている」と述べ、8日か9日に提出する方針であることを明らかにした。国会内で記者団に語った。

馬淵氏は、細田氏の衆院議員定数をめぐる一連の発言について「民主主義の根幹を揺るがす発言だ」と指弾。さらに週刊文春が報じたセクハラ疑惑についても「公の場での説明を強く求めてきたが、全く対応いただいていない」と述べ、不信任の理由に挙げた。

細田氏は衆院議員定数の「10増10減」を否定する発言や、「月給100万円未満の議員を多少増やしてもバチは当たらない」との発言でも批判を浴びていた。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう