大山悠輔が止まらない!! 2点二塁打で阪神がついに先制!

サンスポ
6回、2点適時二塁打を放つ阪神・大山悠輔=ペイペイドーム(撮影・宮沢宗士郎)
6回、2点適時二塁打を放つ阪神・大山悠輔=ペイペイドーム(撮影・宮沢宗士郎)

(日本生命セ・パ交流戦、ソフトバンク―阪神、1回戦、7日、ペイペイドーム)阪神・大山悠輔内野手(27)が先制の2点二塁打を放った。

「西(勇輝)さんが粘りながら0点で抑えてくれていましたし、みんなでつないで作ったチャンスだったので、どんな形でもランナーをかえしたいと思っていました。しっかり仕事ができて良かったです」

0-0で迎えた六回2死二、三塁。石川の129㌔カーブをとらえた。打球は左中間を破る2点二塁打だ。

大山は試合前の時点で6月の月間打率・563、10打点、5本塁打。絶好調のバットがまた快音を響かせた。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」