ショウアップナイターコラボ企画

野村弘樹氏と対談 巨人・桑田コーチが語るニュー菅野

サンスポ
肘タッチする桑田コーチ(左)と野村弘樹氏(撮影・斎藤浩一)
肘タッチする桑田コーチ(左)と野村弘樹氏(撮影・斎藤浩一)

ニッポン放送ショウアップナイターの解説を務める野村弘樹氏(52)=サンケイスポーツ専属評論家=が、サンケイスポーツとのコラボレーション企画で巨人・桑田真澄投手チーフコーチ(54)と対談した。話題の中心は菅野智之投手(32)。大阪・PL学園高の2学年先輩から、エースの投球スタイルの変化を聞き出した。(取材構成・鈴木智紘)

巨人・菅野智之
巨人・菅野智之

野村氏(以下、野村) 「伺いたいのは投手陣の話です。エースの菅野は順調に来ているのかなと思います」

桑田コーチ(以下、桑田) 「昨年の調子と比べたら今年はすごくいいよ。昨年のように何度も離脱を繰り返さないために、今年は何試合か投げさせたら間隔を空けたい。4、5度投げたら空けるように計画している」

野村 「本人も承諾しているんですね」

桑田 「今年は2人で話すようにしているんだよね。彼はエースだけど、酷使するのではなくて大事に使っていきたい」

野村 「投球スタイルについてもアドバイスされたんですか」

桑田 「30歳を過ぎるとスピード(球速)が落ちてくる。野村君も僕もそうで、みんな通る道。スピードは落ちたと納得しながら、投げる高さを低くしていく。そうすると自然にゲームをつくれて、完投もできるという話はしているね」

野村 「ストライクゾーンを下げて勝負していこうと」

桑田 「今まで高めでファウルや空振りを取れたのが、前に飛ばされる。これまでと同じように活躍するためには、少しずつ低めにシフトしていくこと。それでゴロを打たせてアウトを取る」

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張