〇虎将トーク

阪神、6月6戦6勝で交流戦首位タイに浮上! 矢野監督は「全体にいい流れを作れている」

サンスポ
六回、先制打の阪神・大山を出迎える矢野監督=ペイペイD(撮影・安部光翁)
六回、先制打の阪神・大山を出迎える矢野監督=ペイペイD(撮影・安部光翁)

(日本生命セ・パ交流戦、ソフトバンク0ー2阪神、1回戦、阪神1勝、7日、ペイペイD)阪神が6連勝で、オリックスに敗れたヤクルトと9勝4敗で並び、交流戦首位タイに踊り出た。六回2死二、三塁、大山悠輔内野手(27)の6月12打点目となる2点二塁打で先制。6回無失点の西勇輝投手(31)から岩貞祐太投手(30)、ラウル・アルカンタラ投手(29)、岩崎優投手(30)の継投で今季7度目の完封勝利を飾った。矢野耀大監督(53)の一問一答は以下の通り(チーム成績26勝33敗1分、観衆2万9448人)。

ーー西勇は援護がない試合が続いていたが、勝ちがついた(4勝4敗)

「まあね、ホント勝ちにつながっていなかったんで。バッターもそうやけど、ピッチャーも防御率があるからアレだけど、それでも勝ちがつかないと、ノッていけない部分はあるんで。今日もランナーを出しながらやけど、よう粘ってくれた。それで勝ちがついたんで。交流戦明け以降もまたやってくれるんじゃないかなっていう形で行けたんで、うん」

ーー足を気にしていたが(六回の投球中にバランスを崩す)

「何か、ちょっとつりかけていたというか、つっていたというか、うん、大丈夫」

六回、2点打を放った阪神・大山=ペイペイD(撮影・宮沢宗士郎)

ーー打つ方はまた大山

「そうやね、まあちょっと嫌な、輝のところで入らなかったんで。あそこで悠輔が打ってくれて2点になったんでね。もう本当に、何か今やってくれるんじゃないかなっていう雰囲気をすごく出して。もちろん、あの場面で打つのは簡単なことじゃない。相手は右投手なんで、それを仕留めてくれたのは大きい。打点もチームトップになってくれているで、走者をかえす。もちろん本塁打もそうやけど、こうやって打点を挙げてチームを勝たせるとのが悠輔自身も思っているところだと思うんで。頼もしくなってきたなと思っています」

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」