ビッグボスの気遣いにかつての鬼寮長もイチコロ 直筆の色紙に大感激「いつ死んでもいい」 リーグ最下位にあえぐ日本ハムについてはシビアに分析

zakzak
梅本氏と話す新庄監督(右)=3日、甲子園
梅本氏と話す新庄監督(右)=3日、甲子園

BIGBOSSのためにも不死身の阪神OBを目指す! 古巣・阪神との〝凱旋試合〟で3タテを食らった日本ハムの新庄剛志監督(50)に、虎風荘の梅本正之元寮長(86)が〝珍エール〟を送っている。

梅本氏は、新庄監督が阪神に入団した当時の寮長で、プロ選手としてのいろはを指導した。3日に甲子園で観戦し、新庄監督からサイン入りの帽子、リストバンドなどをプレゼントされた。

「人生最後の最高の瞬間。いつ死んでもいい」と感極まった梅本氏。プレゼントの中には「寮長へ 長生きしてください」と直筆の色紙がしのばされており、これには大感動…。

「前言は撤回(笑)。86になって新たに生きる望みが出てきた! 今、OBでは吉田義男さんが最高齢で、その次がワシ。幸いにして今は健康でどこも悪くない。一番の長寿目指して頑張りますよ」と新庄監督との約束を果たそうと燃えている。

目下、パ・リーグ最下位にあえぐ日本ハムについてはシビアに分析。「阪神との3連戦は戦力の差が出た。やりたいことができたのは1戦目の序盤、最初だけで、2、3戦目は鳴かず飛ばず…。結局、なんにもできんかった(笑)。清宮、万波ら若い選手が出てきてはいるけど、やはり勝負は新球場ができる来年。まだまだ長い道のりは続くし、頑張ってほしい」と期待する。

さらに、新庄監督には「甲子園で3つ負けても『プロ野球を盛り上げるのは阪神。キッカケにしてほしい』とエールを送っていたのは逆に立派。最高の性格ですよ。余計なパフォーマンスはせず、さわやかな印象を残してくれたのも本当に良かった。監督就任時にワシは〝日本ハムさんに迷惑かからんかな〟とか言うたけど、そんなことはなかった。再評価した(笑)」と反省。人心掌握術にたけたBIGBOSSの気遣いに、かつての鬼寮長もイチコロだった。

(岩崎正範)

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー