ドコモ、携帯転売対策強化 箱に名前記入を割引条件

産経ニュース
NTTドコモの本社が入るビル前の看板=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
NTTドコモの本社が入るビル前の看板=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

NTTドコモは6日、携帯電話の転売対策を強化したと明らかにした。携帯電話を購入する来店客に対し、割引を受ける条件として、端末の箱に名前を記入することを要請。米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などの人気機種で横行する転売に歯止めをかける。

ドコモショップや家電量販店で3日から要請を始めた。名前の記入に抵抗がある客には、箱に店舗名を押印して割引の適用を認めている。箱に名前の記入などがあると、中古市場での価値が下がるため、転売目的での購入が減るとみている。

政府は、携帯電話端末の行き過ぎた値引き販売を問題視し、回線契約者に対する割引を2万円までとする規制を2019年に導入した。だが最近は他の割引と組み合わせて1円などで販売するケースも目立ち、転売の増加が問題となっている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、涙の土下座もネット「今度こそ改心して」「信用できない」更生のキーパーソンは清恵(佐津川愛美)?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月19日OA第95話あらすじ フォンターナを退職し開店準備に入った暢子(黒島結菜)、思い付いた店名は…

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病