被告 表情変えず、遺族への謝罪なく閉廷 東名あおり事故

産経ニュース
横浜地方裁判所=横浜市中区
横浜地方裁判所=横浜市中区

横浜地裁で6日に開かれた、東名あおり運転事故の差し戻し判決。差し戻し前の1審公判ではジャージー姿だった石橋和歩被告は、裁判員らへの心証を考慮したのか、今回の差し戻し審では頭を短く刈り込み、スーツ姿で法廷に臨んだ。以前と同じ懲役18年の判決が言い渡された際にも、動揺した様子はみられなかった。

1時間近く続いた判決理由の読み上げを、石橋被告は証言台の背もたれに体を預けて聞いていた。時折、首をもんだり眼鏡を外したりしていたが、傍聴していた遺族に目を向ける様子はなかった。

差し戻し前の1審では、遺族への謝罪の言葉を口にすることもあったが、差し戻し審では「事故になるような危険な運転はしていない」などと繰り返し主張。謝罪や反省の言葉はなかった。

判決後、記者会見した3人の裁判員は「ひとごとのように感じていると思った」などと語った。

東名あおり事故、被告に懲役18年 横浜地裁差し戻し審


  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. 立川志らく「洒落がキツすぎます。あんパンの恩返しもまだしていない」 三遊亭円楽さん死去に悲痛