坂口健太郎&杏ダブル主演!フジ月9「競争の番人」初回は7月11日に決定、ポスタービジュアルも公開

iza
フジテレビ7月期の月9ドラマ「競争の番人」のポスタービジュアル。(C)フジテレビ
フジテレビ7月期の月9ドラマ「競争の番人」のポスタービジュアル。(C)フジテレビ

坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ7月期の月9ドラマ「競争の番人」の初回放送日が7月11日に決まり、ポスタービジュアルも公開された。

耳にしたことはあっても、実態についてはあまり知られていない行政機関、公正取引委員会を舞台にした凸凹バディのエンタメ・ミステリー。現在放送中の月9「元彼の遺言状」の原作者であり、第19回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家、新川帆立さんによる最新刊の同名小説が原作だ。

坂口が演じるのは、天才で理屈っぽいひねくれ者の小勝負勉。杏は、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓役を務める。そんな2人が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。

今回解禁となったポスタービジュアルは、小勝負、白熊、桃園千代子(小池栄子)、風見慎一(大倉孝二)、六角洸介(加藤清史郎)、本庄聡子(寺島しのぶ)とダイロクの面々が並び、背景には巨大な氷山が水面に浮かんだダイナミックな構図。配色はモノクロでシックな仕上がりだが、これは作中でダイロクの面々が公取委を「弱小官庁」と卑下したり、自分たちの仕事を「地味で面倒くさい仕事」と言ったりと、警察や検察などに比べて日の当たらないポジションであることを表現したもの。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…