列島エイリアンズ

出会い系外国人編(5) 女、FX業者〝全員グル〟 背後に国際ロマンス詐欺集団 中高年男性ターゲットに被害増加はコロナ禍の副産物

ZAKZAK

お見合いサイトで出会った自称〝海外育ちの30代日本人女性〟に、一度も対面せぬまま1000万円をだまし取られた四国在住の農家、60代男性。言わば、結婚詐欺被害に遭ったわけだが、「色ボケ」というなかれ。これぞ全国で被害者が続出している組織的「国際ロマンス詐欺」の典型的手口なのだ。

詐欺事件に詳しい加藤・浅川法律事務所の加藤博太郎弁護士が明かす。

「コロナ禍以降、私のもとにもこうした(詐欺の)億単位の被害相談が複数件きています。最近は、特に中高年男性がターゲットにされている」

ある犯罪組織の〝周辺人物〟であるA氏は、巧妙に仕組まれた国際ロマンス詐欺の手口を明かす。

「特殊詐欺の組織は、出会い系サイトに登録してカモを探す、いわゆる『打ち子』を大量に抱えている。最近、この打ち子になるのは、コロナ禍でバイトや仕事がなくなった留学生や外国人技能実習生が多い。普通の詐欺なら日本語が堪能でないと使えないけど、外国人や海外育ちの日本人を演じさせる国際ロマンス詐欺なら、カタコトでも不自然ではないので好都合」

信用を獲得したらFX(外国為替証拠金取引)や仮想通貨への投資を勧め、取引業者を紹介するというのがパターンだ。

「そこで紹介される業者も架空で、グル。業者が提示する相場の値動きは実際の市場とは関係のない架空のもので、最初は儲けさせ、自信をつけたカモに大金を投入させたところで一気に損をさせたり、適当な理由で口座を凍結させたりして金を奪う」

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で