天安門への抗議、香港では見送り 台北では開催

産経ニュース
天安門事件の犠牲者が眠る北京市内の墓地。当局者らが厳戒態勢を敷いていた=4日(共同)
天安門事件の犠牲者が眠る北京市内の墓地。当局者らが厳戒態勢を敷いていた=4日(共同)

【台北=矢板明夫】中国で民主化運動が弾圧された天安門事件から33年を迎えた4日、香港中心部のビクトリア公園で2019年まで実施されていた犠牲者追悼集会は今年も見送られた。集会は20年に施行された香港国家安全維持法(国安法)に違反する可能性があるため、主催団体が当局に開催を申請しなかったという。香港メディアによると、公園周辺は早朝から大勢の警察官が配置され、警戒に当たっていた。

公園での追悼集会は、19年に香港で大規模な反政府デモが起きたのを受け、20年から「新型コロナウイルス禍対策」などを理由に開催が禁止された。当局は、同年に集会を開こうとした民主活動家ら少なくとも24人を起訴。その一部には有罪判決が下された。

集会を長年主催してきた民主化団体、香港市民愛国民主運動支援連合会(支連会)の元主席で、現在は投獄されている李卓人氏は、香港メディア「明報」の書面インタビューに「4日は獄中で一日中ハンガーストライキを行い、犠牲者を追悼する」と表明した。

一方、台湾の複数の人権団体は香港の集会を引き継ぐ形で4日に台北市中心部で追悼集会を開催。台湾の蔡英文総統も同日、フェイスブック上で「横暴な手段で人々の記憶を消し去ることはできない」と集会を禁止する中国政府を批判し、「権威主義が拡大しているからこそ、民主と自由の理念を共有する国際的なパートナーと協力していくことが必要だ」と訴えた。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?