〝ハト派の嘘〟暴く!櫻井よしこ氏と高市早苗氏が糾弾するベストセラー本 「戦後」は砕け散った…国民から「憲法改正」を岸田首相に要求すべき

zakzak
櫻井よしこ、高市早苗の共著『ハト派の嘘』書影(提供写真)
櫻井よしこ、高市早苗の共著『ハト派の嘘』書影(提供写真)

ジャーナリストの櫻井よしこ氏と、自民党の高市早苗政調会長による共著『ハト派の嘘』(産経新聞出版)がベストセラーになっている。ロシアのウクライナ侵攻を受け、国際秩序の根幹が大きく揺らぐなか、日本人の危機意識は低い。現状に潜む危険から目をつぶる「ハト派」の存在とは。これで祖国・日本を次の世代に引き継げるのか。櫻井氏に聞いた。

「戦後日本はハト派主流で、話し合いや経済力を重視してきました。ただ、世界は大きく変わりました。日本も1日も早く変わらなければなりません」

櫻井氏は言い切った。

櫻井氏は、自国を守る重要性を語った
櫻井氏は、自国を守る重要性を語った

ロシアや中国という専制主義国家によって、「力による現状変更」という脅威が現実となっている。

櫻井氏と高市氏は同書で、「『戦後』が砕け散った」として、憲法9条や専守防衛に固執する「ハト派」を批判する。日本の防衛力強化や台湾有事の対応もテーマだ。

欧州諸国はすでに覚醒した。ドイツでは、左派主導のオーラフ・ショルツ政権が「国防費の大幅増額」を発表した。

櫻井氏は「欧州各国をみると、国民が『自分の身をどう守るか』と切実な思いを抱いています。日本はそこに行き着いていません」と語った。

ジョー・バイデン米大統領は先月の日米首脳会談後、「台湾防衛に軍事的に関与するか?」と記者に問われ、「イエス(当然だ)」「それがわれわれのコミットメント(約束)だ」と応じた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」