山や草むらのお散歩はマダニにご用心!!

行楽日和が続いてきましたが、最近は梅雨入りも話題にのぼり始めました。


この時期に急激に増えるのがマダニによる被害です。


マダニの予防は一年中行うことが推奨されますが、涼しい時期はつい忘れてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかしマダニは山や町中の公園などでペットに寄生することが頻繁にあり、注意が必要です。

マダニに血を吸われると様々な感染症にかかる可能性があります。

その中でも最近話題になることが多いのがSFTS(重症熱性血小板減少症候群)です。


SFTSの主な症状は発熱と消化器症状(おう吐、下痢など)が中心で、倦怠感、リンパ節のはれ、出血症状なども見られます。

SFTSはマダニから動物に感染し、動物同士でも感染が成立すると言われています。


その致死率は人や犬では約30%、猫では約60%にも達する恐ろしい病気です。

感染した動物の唾液や尿などからの感染も多く、ダニにかまれた気配がなくても、ペットが体調不良になった場合はご注意ください。

そんなマダニが先日、我が家のさんがにも魔の手を伸ばしてきました。

山での散歩の後、10匹近く群がっていました。

予防薬は使用していますが、さんがが血を吸われるのは嫌なので全て取り除きました。

予防のためには、予防薬の通年使用・危険地帯での全身を覆うウェアの着用・背が高い草むらは避ける・散歩後のマダニチェックなどが有効です。

自然の中の探索にはマダニの危険性がありますが、やはりペットにとっては格別な満足感が得られる体験であるようなので今後も気をつけながら続けたいと思います。

  1. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  2. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  4. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も