藤井棋聖、淡路島牛丼が勝負めし/将棋

サンスポ
藤井聡太棋聖の昼食 淡路島牛丼 =3日午後、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(永田直也撮影)
藤井聡太棋聖の昼食 淡路島牛丼 =3日午後、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(永田直也撮影)

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将との5冠=に永瀬拓矢王座(29)が挑戦する第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第1局が3日、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで指されている。

午前中はややゆったりした展開で、藤井棋聖が24分、永瀬王座が34分、それぞれ長考する場面も。45手まで進んで、消費時間は藤井棋聖1時間19分、永瀬王座が1時間13分だった。

午後0時頃から昼食休憩に入り、藤井棋聖が淡路島牛丼とみそ汁、永瀬王座は海鮮淡路島ヌードルハーフ、淡路牛と淡路野菜のステーキ丼ハーフ、なるとオレンジ、アイスコーヒーを勝負めしにした。昼食はそれぞれの自室で食べる。

淡路島牛丼は、特産の牛肉、玉ねぎ、米を使った淡路島の〝ソウルフード〟となっている。島内の多くの飲食店でも提供されている。

永瀬王座は午前10時のおやつに注文したなるとオレンジに手を付けず、昼食のデザートにしたという。永瀬王座は健啖家(けんたんか)として知られている。

同ホテルのティーラウンジのスイーツメニューは日替わりだが、なるとオレンジも提供されている。550円。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?