猛打賞に1失点好投 阪神ガンケル、投打で主役

産経ニュース
【阪神-西武】四回、先制二塁打を放つ阪神先発のガンケル。バッティングでは猛打賞の活躍だった=6月2日、甲子園(安部光翁撮影)
【阪神-西武】四回、先制二塁打を放つ阪神先発のガンケル。バッティングでは猛打賞の活躍だった=6月2日、甲子園(安部光翁撮影)

先発マウンドに上がった助っ人がバットでも大活躍し、阪神が6-1と快勝した。2日に甲子園球場で行われた西武戦で、ガンケルは四回の先制二塁打など来日3年目で初の猛打賞に、七回途中1失点の力投。お立ち台で「ホームゲームで投げる試合は本当に最高」とファンを喜ばせた。

四回無死二、三塁から長坂の中飛でタッチアップした三走の糸原が本塁憤死。2死二塁と嫌な流れになりかけたところで、9番打者から待望の一本が飛び出した。右中間への適時二塁打で先制。矢野監督は投打の活躍に「なかなかランナーが出ても点がとれない中で、バッティングもみせてくれた」と称賛した。

【阪神-西武】ガンケルは本職のピッチングでは、七回途中1失点の力投で今季2勝目を挙げた=6月2日、甲子園(岩川晋也撮影)
【阪神-西武】ガンケルは本職のピッチングでは、七回途中1失点の力投で今季2勝目を挙げた=6月2日、甲子園(岩川晋也撮影)

ガンケルは3試合連続安打で打率3割5分7厘。「あまり打撃には期待しないで」と笑いながら「自分の勝ち負けではなくて、チームの勝利のために投げる」と〝本職〟にかける思いを強調した。チームは2カード連続で勝ち越し、交流戦を白星1つ先行で折り返し。3日から新庄監督率いる日本ハムを迎え撃ち、さらに勢いづきたい。(大石豊佳)

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」