大谷は3打数無安打 ヤンキースとの第2試合 エンゼルス8連敗

産経ニュース
ヤンキースとのダブルヘッダー第2試合の7回、遊ゴロに倒れたエンゼルス・大谷=ニューヨーク(共同)
ヤンキースとのダブルヘッダー第2試合の7回、遊ゴロに倒れたエンゼルス・大谷=ニューヨーク(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は2日、ニューヨークでヤンキースとのダブルヘッダー第2試合に「2番・指名打者」で先発出場。3打数無安打、1三振1四球で打率2割4分4厘。

大谷はヤンキース先発右腕タイヨンに対し、1回1死走者なしの第1打席は大きな当たりの中飛。四回1死走者なしの第2打席は低めカーブに空振り三振。七回1死走者なしの第3打席は安打性の当たりをカイナーファレファの好守備に阻まれ遊ゴロ。マウンドが抑え右腕ホームズに代わった九回2死走者なしの第4打席は四球。

第1試合では投打二刀流で出場し、投では3回0/3を75球、3本塁打を含む8安打4失点、2三振、1四球で4敗目(3勝)を喫した。本塁打争いで首位を行くジャッジに19号ソロを打たれた。打では5打数1安打2三振だった。

ダブルヘッダー第1試合に投打二刀流、第2試合で指名打者で先発は大谷にとって初体験。投手で黒星、打者で8打数1安打と苦いものになってしまった。

チームは七回まで無安打だったが、八回に1点を先行して均衡を破った。ところが、すぐ裏に逆転されて1-2で敗れヤンキースに3タテを食らった。連敗は8に伸びた。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」