盤外の攻防「勝負めし」 支える料理スタッフたち

産経ニュース

近年の将棋界は、盤上の戦いだけでなく、盤外の「勝負めし」にも注目が集まっている。藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将=に永瀬拓矢王座(29)が挑戦する「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第1局の会場、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ。四半世紀にわたって棋聖戦の舞台となり、食の面でも両対局者を支えてきた。ときにホテル外からも調達するなど、今期も2人の要望に応えるべく、全スタッフも奔走する。

対局の盛り上げに一役

「羽生先生はきつねうどんとおにぎりが定番でした」。総料理長の高津浩三(こうつひろみ)さん(60)が振り返る。

【第93期棋聖戦五番勝負第1局】ホテルニューアワジ総料理長の高津浩三さん =3日午前、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(永田直也撮影)
【第93期棋聖戦五番勝負第1局】ホテルニューアワジ総料理長の高津浩三さん =3日午前、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(永田直也撮影)

獲得タイトル通算99期の羽生善治九段(51)は、棋聖獲得16期で平成20年から10連覇も達成するなど、棋聖戦の舞台に数多く上がった棋士の一人。ホテルに残る過去10年の「お食事お伺(うかが)い書」によると、昼食は「きつねうどんとおにぎり」で、午前のデザートは「ホットコーヒー」、午後は「ホットレモンティーとチーズケーキ」でほぼ決まりだった。

当時、毎回きつねうどんを注文する理由について、羽生九段は「東京にうどん屋さんが少なく、せっかくの機会なので頼んでいます」と語った。羽生九段の注文は、インターネット中継でもファンの間で注目され、対局を盛り上げてきた。

羽生善治九段のお決まりのメニューだった「きつねうどんとおにぎり」
渡辺明二冠が3年前に食べた「牛丼(紅しょうがぬき)、玉ねぎスープ、ミニうどん」

同ホテルでは対局前日、両対局者に対局日の昼食や、午前と午後のデザートの希望を聞き取る。これまでメニューがなく、対局者の要望に応えて総料理長が腕を振るったり、ホテル内のレストランの料理を提供したりしてきた。外部の飲食店から取り寄せたケースもある。

例えば、昨年の第2局で藤井棋聖が求めたのは、すし。しかし、ホテルでは提供しておらず、洲本市内の専門店から調達した。「伺い書」には、藤井棋聖がキノコ類が苦手であることが書かれ、棋士が対局に集中できるよう、スタッフたちの心配りがうかがえる。

ホテルは今期から、メニューを作成。その中から藤井棋聖が3日正午の「勝負めし」に選んだのは「淡路島牛丼とみそ汁」で、永瀬王座はいずれもハーフサイズの「海鮮淡路島ぬーどる」と「淡路牛と淡路野菜のステーキ丼」。これらの料理はホテル内のレストランで提供されている人気メニューだ。

料理スタッフは対局者と直接顔を合わせることがない。高津さんは「料理人は裏方の存在」と話した上で、「料理が注目されるのはうれしい。対局者にはおいしく食べていただき、勝負に全力を尽くしていただきたい」と料理に携わるスタッフの気持ちを代弁した。(勝田康三)

藤井棋聖・永瀬王座の直筆サイン入り オリジナルポスターをプレゼント

 


  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」