ボクシング井岡、7月にニエテスと再戦「借り返す」

産経ニュース
ニエテスとの次戦について抱負を語る井岡一翔=2日、東京都港区(奥村信哉撮影)
ニエテスとの次戦について抱負を語る井岡一翔=2日、東京都港区(奥村信哉撮影)

世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(志成)が2日、東京都内で会見し、7月13日に東京・大田区総合体育館で同級1位のドニー・ニエテス(フィリピン)の挑戦を受けると発表した。5度目の防衛が懸かる井岡にとっては2018年12月にマカオで世界4階級制覇を懸けて戦い、僅差の判定負けを喫した因縁の相手。「きっちり借りを返し、ちゃんと決着をつけないといけない。はっきりとした勝ち方で明確に勝ちたい」と雪辱を誓った。

井岡は昨年大みそかに国際ボクシング連盟(IBF)王者のジェルウィン・アンカハス(フィリピン)と王座統一戦を行う予定が新型コロナウイルスの影響で中止となり、代役の福永亮次(角海老宝石)を破って4度目の防衛に成功。その後、今夏の対戦で合意していたアンカハスが王座から陥落したため、ニエテスとの指名試合が組まれた。「統一戦の難しさをさらに痛感した。彼(アンカハス)も同じ相手と再戦するみたいなので、結果次第では大みそかに統一戦をしたい」と展望を語った。

戦績は33歳の井岡が30戦28勝(15KO)2敗、40歳のニエテスが50戦43勝(23KO)6分け1敗。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」