えっ、1泊100万円の部屋が好調なの? 「稼働率が70%を超えた」衝撃

ITメディア
安比高原リゾートの開発が進む
安比高原リゾートの開発が進む

岩手県の北西部に位置する「安比高原リゾート」が“ざわざわ”している。このリゾート地には、ブナやダケカンバといった原生林があるので、樹や葉が揺れて“ざわざわ”と聞こえてくる、といった話ではない。2022年2月、高級ホテル「ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート」(以下、安比インターコンチ)をオープンしたところ、「泊まったよー」「早く泊まりたい」といった人たちが増えていて、“ざわざわ”しているのだ。

安比高原のことも、安比インターコンチのことも、よく知らない人がいると思うので簡単に紹介しよう。安比高原の魅力は、なんといっても雪質にある。世界中のスキーヤーから「奇跡のシルキースノー」と呼ばれていて、12~4月には乾いた雪が降り積もる。ゲレンデの総面積は282ヘクタールあって、合計21のスキーコースの距離は45.1キロメートルもある。ちなみに、この数字は国内平均の2倍ほど。コースの平均距離は2.1キロメートルで、ほぼすべてがロングコースなのだ。

じゃあ、雪が溶けると、どうなるのか。敷地は緑に覆われているので、夏模様に衣替えする。リゾート内でゴルフ、テニス、サイクリングなどを楽しめることができるのだ。……と、このようなことを書くと、「なんだかバブルの香りが漂うなあ」と思われたかもしれないが、その通りである。1970年代の後半から、リクルートの創業者である江副浩正が、社員研修施設としてゴルフ場などをどんどん開発していったのである。

で、その後はどうなったのか。詳細は資料などをあたっていただくとして、ひとことで言うと「バブルのときにはうまくいったが、泡がはじけてからはいまひとつ。グループの借金を減らさなければいけなくなったので、2003年に売却した」のだ。売却先は、岩手ホテルアンドリゾート(盛岡市)である。

次に、安比インターコンチの話をしよう。リクルートから経営を譲り受けた岩手ホテルアンドリゾートは、安比高原で2つのホテルを運営していた。自社でやりくりしていていたが、その後、英国に拠点を置くホテルグループ「IHG」と業務提携を結び、21年12月に、2つのホテルをリブランディングしたのだ。その流れの中で、安比インターコンチが産声をあげた次第である。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」