政治的公平性でBPOが注意促す、MBS番組受け

産経ニュース
毎日放送本社=大阪市北区
毎日放送本社=大阪市北区

毎日放送(大阪市、MBS)がバラエティー番組に日本維新の会幹部ら3人を出演させた問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は2日、「視聴率重視によるキャスティングが相次ぐことで政治的公平性を損なう恐れがある」などとする小町谷育子委員長の談話を発表し、各放送局に注意を促した。

問題となったのは1月に放送された「東野&吉田のほっとけない人」で、維新代表の松井一郎大阪市長や副代表の吉村洋文大阪府知事、創設者の橋下徹氏がお笑い芸人とトークを繰り広げ、政治的公平性の観点から批判が出ていた。

談話では、3人を起用したのが過去に出演した際の高視聴率が理由だったと指摘。番組では維新の政策に反論や異論が出ず「同党の政策が一方的に肯定的に流される結果になった」とした上で「公平性を担保するためには、異なる視点の提示が欠かせない」とした。

MBS、制作に助言の新部署設置 維新出演問題受け

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた