東証89円安、3日ぶり反落 上昇反動、米物価高を警戒

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

31日の東京株式市場の日経平均株価は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比89円63銭安の2万7279円80銭。前日に大幅上昇した反動で利益確定の売り注文が出たほか、欧州連合(EU)による対ロシア経済制裁強化に伴う原油高で、米国の物価上昇が再加速するとの警戒感も相場の重荷となった。

東証株価指数(TOPIX)は9・77ポイント安の1912・67。出来高は約22億8800万株。

中国上海市が新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)を6月1日から事実上解除する方針を発表したことを好感し、30日の欧州株式市場が続伸。31日の東京市場でも平均株価が値上がりする場面もあった。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり