「世界のコレエダ」時代に面白くない人 是枝監督作品がカンヌで最優秀男優賞 足蹴騒動も伝わり…かすむ受賞常連、河瀨監督の渡仏

zakzak
最優秀男優賞に輝いたソン・ガンホ(AP)
最優秀男優賞に輝いたソン・ガンホ(AP)

南仏で開催された世界三大映画祭のひとつ、第75回カンヌ国際映画祭のコンペ部門で、是枝裕和監督(59)の韓国映画「ベイビー・ブローカー」に主演したソン・ガンホ(55)が最優秀男優賞を受賞した。「世界のコレエダ」の時代が到来した。

最高賞であるパルムドールも期待された是枝監督だが、それはかなわなかった。しかし自身の作品からガンホが最優秀男優賞を受賞したことで、その存在感を改めて世界に示すことになった。

是枝監督(共同)
是枝監督(共同)

「ベイビー・ブローカー」は「赤ちゃんポスト」をめぐり、赤ん坊を売ろうとする男(ガンホ)とその相棒、赤ん坊の母親らの旅路を描く。日本では6月24日に公開される。

是枝監督は日本における〝カンヌの申し子〟といっても過言ではない。2004年には「誰も知らない」で当時14歳の柳楽優弥が最優秀男優賞を獲得。13年に「そして父になる」が審査員賞、18年に「万引き家族」がパルムドールを受賞しているのだ。

「是枝監督はエキュメニカル審査員賞も受賞しています。そしてアジア人2人に男優賞をもたらしたのですから、いかに世界的な評価を受けているかということです。まさに〝世界のコレエダ〟です」と映画評論家、小張アキコ氏は話す。

しかしある映画関係者はこんなことを話す。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」