吉田&遠藤が意気込む「この4試合は大事。今までやってきたことが世界に通用するのか」

サンスポ
吉田麻也
吉田麻也

サッカー・日本代表合宿(31日、札幌市内)日本代表不動のセンターバックDF吉田麻也(33)=サンプドリア=と〝デュエル王〟MF遠藤航(29)=シュツットガルト=の2人が、オンラインで取材に応じ、6月シリーズに向けて意気込んだ。共通認識は、日本サッカーの現状を知ること、だった。

「ブラジル相手にもボールを持つ時間を長くできるかなど、今までやってきたことが通用するのかどうかを意識したい」と遠藤が言えば、吉田も「世界のトップチームに対して自分たちがどれくらいやれるのか、この4試合は大事になる」と意気込んだ。

ボールを長く保持できるかどうかを試すことも重要だが、現実的には守備する時間が長くなる。そこで重要になるのがカウンターの質の向上。しっかり守ってカウンターをしかけるシーンも増えるだろう。吉田は「カウンターの質、そしてどうしかけるか」とし、遠藤は「前線の選手に守備負担をかけすぎるとカウンターの質が下がる。できるだけ、後ろや中盤の選手が守備で貢献度を上げないといけない」と断言した。

6月の4試合は日本が世界に通用するのか、世界での日本の現状の立ち位置を知る絶好の機会。カウンターの質を上げることと、ボール保持をいかに長くできるかがテーマになる。



  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」