浪速風

空前のバイクブーム

産経ニュース

二輪業界が活況だ。コロナ禍の中で、3密を避けて外出・通勤できる手段として注目を集めている。昭和末期のバイクブーム当時に若者だった40~50代が復帰する「リターンライダー」も目立つ

▶警察庁の統計によると、昨年の普通二輪・大型二輪免許の交付件数はコロナ禍前の令和元年に比べ、いずれも約2割増えた。右肩下がりが続いていた二輪車販売も増加に転じている。全国軽自動車協会連合会によると、小型二輪(排気量250cc超)の昨年の新車販売は前年比24%増で、14年ぶりに8万台を超えた

▶20年以上前にライダーだった筆者も、ときどき「風を感じたい病」を発症するが、視力や反射神経の衰えという現実が立ちはだかる。日本自動車連盟(JAF)によると、大阪府内の昨年の交通事故死者140人のうち、二輪車乗車時が45人で最多だったという。自分自身や家族のためにも、バイク愛好家の皆さまには万全の装備と安全運転をお願いしたい。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか