フィギュアスケートの本田真凜がキャスター初挑戦 テレ東系「みんなのスポーツ」 6・4から登場

サンスポ
キャスターデビューする真凜。氷上とはまた違う顔が見られそうだ=2021年12月撮影
キャスターデビューする真凜。氷上とはまた違う顔が見られそうだ=2021年12月撮影

フィギュアスケート女子の本田真凜(20)が、テレビ東京系スポーツニュース番組「みんなのスポーツ Sports for All」(月~木曜後11・55、金曜後11・58、土曜後10・30、日曜後10・54)でキャスターに初挑戦することが29日、分かった。

6月度のマンスリーMCとして、同4日から毎週土日の生放送に出演。4月からスタートした同番組は毎週末のMCを月替わりでアスリートが担当し、4月はサッカー元日本代表の大久保嘉人氏(39)、5月はハンドボール男子の土井レミイ杏利(32)が務めてきた。

冨岡洋介プロデューサーは、真凜の起用理由について「現役フィギュアスケーターであり、アスリートきょうだいという、さまざまな経験値が生かせるという真面目な考察を経て、我々も視聴者も本人も〝ドキドキワクワクしながら〟一緒に新たな情報を発信できると思い抜てきしました」と説明。

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手(20)、サッカースペイン1部リーグ、マジョルカのMF久保建英(20)らと同じ2001年生まれということもあり、「〝Z世代〟のアスリートたちが活躍する中、同世代の本田選手の取材を通して今どきの選手たちの『リアル』を伝えてほしいです」と期待を寄せた。

大役を任された真凜は「はじめてのMCで、それに生放送ということですごく緊張しているんですけど、全力で頑張りますので来週からよろしくお願いします」と気合十分。現場取材を行う企画もあり、銀盤の妖精の新境地に注目だ。

■本田真凜(ほんだ・まりん) 2001(平成13)年8月21日生まれ、20歳。京都府出身。大阪・関大高から青森山田高に転校し、20年3月に卒業。明大在学中。JAL所属。15―16年シーズンのジュニアGPファイナル3位、世界ジュニア選手権優勝。兄は元フィギュアスケート選手の太一さん(23)。妹は女優としても活躍する望結(みゆ、17)と紗来(さら、15)。163センチ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で