大谷翔平、2打席連発もエンゼルスは今季初5連敗

サンスポ
米大リーグ、ブルージェイズ戦の3回、中越えに2打席連続となる11号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平=29日、アナハイム(共同)
米大リーグ、ブルージェイズ戦の3回、中越えに2打席連続となる11号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平=29日、アナハイム(共同)

エンゼルス10-11ブルージェイズ(29日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)は「2番・DH」で10号ソロと11号2ランの2打席連続本塁打を放ち、3打数2安打3打点と活躍した。両軍合計25安打の乱打戦となり、チームは今季初の5連敗を喫した。

「きょうはいい内容でしたが、まだ1日だけでは分からないので、あす以降、どういう感覚なのか、確かめてやりたいなと思ってます」

試合後、広報から発表されたコメントで2本塁打を振り返った大谷。一回1死の第1打席で右越えに10号先制ソロを放った。2-6の三回無死1塁では中越えに2打席連続の11号2ランを放った。実況も「ショウヘイ、スゴーイ!」と日本語で興奮気味に伝えた。

31日(日本時間6月1日)からは、ニューヨークでのヤンキース3連戦に臨む。3戦目の2日(同3日午前8時5分)には先発登板が予定されている。昨季6月30日の先発マウンドでは一回を持たず、2/3回を投げ、2安打5四死球。当時は「マウンド(の傾斜など)に合わせる前に終わったな、という感じ」と話すなどで7失点していた。

一方で打撃は3連戦で3本塁打。それでも「いいチームなので、特に何かを変えることはなく、1試合1試合、頑張りたいなと思っています」と気を引き締めた。

ヤンキースはア・リーグ最高勝率・646を誇り、東地区の首位を快走している。

◆ジョー・マドン監督 「どうしてこういう負け方になったのか、明確な説明ができない。ただ、ブルペン(中継ぎ投手)が良くなかったのは確かだ。それ以外は、いい形で試合を進めていただけに、残念だ」

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」