京口紘人が団体内王座統一戦のためメキシコへ 最終調整で〝カネロ・ロード〟を使用/ボクシング

サンスポ
メキシコへ出発した京口紘人
メキシコへ出発した京口紘人

プロボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(28)=ワタナベ=が30日、団体内王座統一戦(6月10日=日本時間11日、メキシコ・グアダラハラ)に向けて成田空港から日航機で出発した。正規王者のエステバン・ベルムデス(26)=メキシコ=と闘う4度目の防衛戦でもある。

米テキサス州ダラスを経由してグアダラハラ入りするが、現地での最終調整はカネロ(スペイン語でシナモン)の愛称で知られる4団体世界スーパーミドル級統一王者のサウル・アルバレス(31)=メキシコ=の兄で元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者のリゴベルト氏(44)のジムで行う予定。ロードワークはいつもカネロが走っている森の中の〝カネロ・ロード〟で実施する。

カネロのトレーナーとして有名なエディ・レイノソ氏(45)=同=が、京口の海外でのマネジメントを担当しており、カネロとレイノソ氏の出身地で、現在も拠点としているグアダラハラで心強いサポートを受ける。

出発前に成田空港で取材に応じた京口は「現地でも対人練習をすると思うけど、コンディション調整がメイン。海外での世界戦を経験しているので不安はない」と力強かった。

昨年3月に3度目の防衛戦(米テキサス州ダラス)でアクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)に5回TKO勝ちして以来、約1年3カ月ぶりの試合。「アウェーで勝つことに価値が生まれる。世界王者はどこで闘っても(勝つ)というプライドを持ってやりたい」と2戦連続の海外での防衛を誓った。

プロ戦績は京口が15戦15勝(10KO)、ベルムデスが19戦14勝(10KO)3敗2分け。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー