支援者に感謝、何度も 女性記者「一筋の光に」 長崎地裁、性被害に違法行為認定

産経ニュース
女性記者が性暴力被害を訴えた訴訟の判決を受け、「勝訴」「長崎市は謝罪を!」と書かれた紙を掲げる原告側弁護士ら=30日午前、長崎地裁前
女性記者が性暴力被害を訴えた訴訟の判決を受け、「勝訴」「長崎市は謝罪を!」と書かれた紙を掲げる原告側弁護士ら=30日午前、長崎地裁前

「働く女性にとって一筋の光に」。長崎市原爆被爆対策部長を務めていた男性幹部(死亡)による女性記者への性暴力訴訟で、市に約1975万円の賠償を命じた30日の長崎地裁判決。原告の女性記者は午後、市内で開かれた記者会見で、自身に寄り添い、支えてくれた人への感謝の言葉を何度も口にした。

午後2時に始まった記者会見では、原告側の代理人弁護士らがスライドで判決のポイントを説明した。女性が会場に姿を見せたのは約1時間15分後。前方に用意された席に座り、紙に記したコメントを読み上げた。

平成19年の被害当時は、つらくて呼吸もできず「倒れ込むこともしばしばあった」。支援者らを「どうすればいいのか、できることがもっとあったのではと落ち込ませた」と気遣う場面も。

だが、地裁判決で「暴力の責任は暴力を振るった側にあると明確に示された」。これまでの重荷を肩から下ろし「私たちはよくやった、そうねぎらい合いたい」と呼びかけた。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…