住宅扶助費172万円過少支給 大阪市、変更手続き怠る

産経ニュース

大阪市平野区は30日、生活保護受給者1世帯の住宅扶助費を計172万9千円少なく支給していたと発表した。平成23年4月~今年5月の分で、時効により全額をさかのぼって穴埋めできないため、法律に基づき5年分の差額(78万円)を支給する。ケースワーカーが扶助費の変更手続きを怠ったことが原因で、区は同様の事例の有無を調査している。

区によると、今年5月に受給者から転居の相談があり、過去の保護費の内容を精査。受給者が23年4月に転居し、転居前後で家賃が異なっていたのに住宅扶助費が同額だったことから過少支給が判明した。

区は今月27日、受給者に経緯を説明して謝罪した。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?