水道橋博士 松井一郎大阪市長との訴訟に出廷 「ブッチャーの格好も用意。劇場型の裁判をやりたい」

サンスポ
水道橋博士
水道橋博士
その他の写真を見る (1/4枚)

タレントでお笑いコンビ、浅草キッドの水道橋博士(59)が30日、大阪地裁でツイートを巡り、松井一郎大阪市長(58)から名誉棄損で550万円の損害賠償を求められた訴訟の第1回口頭弁論に出廷した。

訴状によると原告側はYouTubeで「維新の闇」などと記載されたサムネイルの動画を博士がツイッターに引用して、「事実なら今すぐ訴えるべきですよ(笑)」と投稿し、事実であるかのような印象を与えたとしている。

紺と赤のキャップ、「SUIDOBASHI KID」と書かれたTシャツに黒のジャケット姿で入廷した博士は終始リラックスしたようす。手続きなどの簡単な確認を終えると、右手を挙げ「松井一郎さんはいらっしゃらないんですか? マスクをしているからわからないんで」と原告代理人を見つめて主張し、法廷をざわつかせた。

その後、会見を開き「自分が訴えられる経験がないので恐怖感を感じました」と心境を吐露。さらに「民事の被告になったことで、厄介者であるというやんわりとした暗黙の了解でテレビやラジオなどの出演機会が奪われている」と訴えた。

夏の参院選にれいわ新選組から出馬を予定しており「僕自身が反スラップ法を作る。権力者による口封じの裁判をできなくするために立候補します。あきらめません。『反松井一郎法』でもいい。謝るまでやめません」と宣戦布告。選挙戦ではたけし軍団の先輩である東国原英夫(64)に応援を頼んだというが、日本維新の会から出馬した過去もあり、「『できるわけねぇだろ』とおっしゃってましたけど、説得したいと思います」と準備を整えている。

また、キャップを被ったまま、ラフな格好での入廷だったが、「ワイシャツ、ネクタイも用意していました。一方でアブドーラ・ザ・ブッチャーの格好も用意していました。それくらい楽しませる劇場型の裁判をやりたい」と芸人魂を見せた。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗