ラグビー「リーグワン」初代王者は十人十色の〝無敵軍団〟埼玉ワイルドナイツ 分厚い選手層で新リーグでも連覇

zakzak
リーグワン初代王者に輝き歓喜する、埼玉パナソニックワイルドナイツの選手たち =29日、東京・国立競技場(代表撮影)
リーグワン初代王者に輝き歓喜する、埼玉パナソニックワイルドナイツの選手たち =29日、東京・国立競技場(代表撮影)

ラグビートップリーグ(TL)の発展的新組織、リーグワンの初代王者に埼玉ワイルドナイツ(パナソニック)が輝いた。

29日のプレーオフ(PO)決勝は国立競技場で行われ、レギュラーシーズン2位の埼玉が同1位の東京サンゴリアス(サントリー)を4PGだけのノートライに抑え18―12で勝ち、TL最後の王者が、新リーグでも〝連覇〟を果たした。

点差こそ接戦だったが、埼玉の安定した戦いぶりが際立った。埼玉は個々の鋭い突進から前後半に1トライずつあげてリード。東京SGが早い球出しから展開しても、クギを打つように鋭いディフェンスでピタリと止めていく。「穴はたくさん見つかるんだけど、そこを突いてもいつの間にか相手のディフェンス網に吸収されてしまう」(東京・流)

それぞれがチャンスとピンチの意識をしっかりと把握。自分の役割を忠実に果たそうと徹底しているのも強みだろう。

しかし、今季の埼玉は苦しいスタートだった。思いもしないコロナ陽性者が出て、いきなり開幕2試合が不戦敗。ただ、坂手主将はこの危機の中でチームに筋が通ったという。「それからの試合は絶対に負けないとの緊迫感を皆が持った」

元々、選手層は厚い。チーム、日本代表でともにケガをした松田力也の控え、山沢がPO準決勝からSOとして出ているが、少しも見劣りしないパフォーマンス。最後に逆転勝ちを狙って総攻撃をかけた東京SGからボールをジャッカルして防いだのも山沢だった。

  1. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  2. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?