園長は獣医さん

飛べない珍鳥「キーウィ」 国内唯一の飼育

産経ニュース
キーウィのプクヌイ(メス)=天王寺動物園提供
キーウィのプクヌイ(メス)=天王寺動物園提供

梅雨入りの前のこの時期、旧コアラ館の入り口付近にブラシノキが赤く色づきます。その名のごとく、ブラシのような形が面白い赤い花糸を持つ花が咲き、園内を彩ります。

ゴールデンウイークの天王寺動物園では、新施設「ふれんどしっぷガーデン」のオープンのほか、もうひとつ話題がありました。連休中の特別展として開催した「ふしぎな鳥『キーウィ』の魅力展」です。

キーウィはニュージーランドの国鳥となっている貴重な鳥です。天王寺動物園は約半世紀前に日本国内で初めて飼育を手がけ、現在も国内で唯一飼育している施設です。特別展は、キーウィにまつわる情報を発信しようと企画されました。

当園とキーウィのかかわりは昭和45年にさかのぼります。この年に開かれた大阪万博を記念して、2羽がニュージーランド政府から贈られました。これまでに計7羽が来園し、現在生存しているのはオスのジュン(40歳、昭和57年来園)とメスのプクヌイ(33歳、平成3年来園)の2羽です。

甲高い声で「キーィ、キーィ」と鳴くことからその名がついたとされるキーウィ。その生態はあまり知られていないように思います。

空は飛べません。また、夜行性で昼間は寝ていることが多いです。飼育を始めたころは展示場に「キーウィは今、寝ています」との看板がかけられ、来園者がなかなか見ることができなかったとの話が残っています。

その後、館内の昼夜を人工的に逆転させる夜行性動物舎がオープン。キーウィの歩き回る姿を見ることができるようになりました。現在飼育している個体は警戒心が強く、部屋に入る前は声がけをするなど驚かせないようにしています。

好物はミミズやコオロギ、牛の心臓肉です。ミミズは園内で捕まえたものをあげることもあります。ときには楽しみながら食事ができるようにと、筒の中に入ったえさを探してもらうこともあります。えさをそのまま出すより、キーウィにとって刺激になります。

高齢のためか季節によって食欲がなくなることもあり、いかに食事を楽しんでもらうかに腐心しています。少しでも快適な環境を提供して、さらなる長寿につなげていくのが目標です。

野生のキーウィは外来動物などによる捕食被害が深刻とされ、動物園での保全も重要になっています。当園は、キーウィの情報を発信するプロジェクトチームを結成し、今回の企画展も手がけました。今後も種の保存に向けた取り組みを進めていきます。

最後に動物園からクラウドファンディングのお知らせがあります。爬虫類(はちゅうるい)生態館アイファー「日本の自然」エリアのリニューアルへご支援をお願いいたします。期限は今月31日までです。(天王寺動物園園長(理事兼務) 獣医師 向井猛)

むかい・たけし 神奈川県藤沢市出身。北海道大大学院獣医学研究科修士課程修了後、札幌市の円山動物園で獣医や職員として勤務した。令和3年4月から天王寺動物園園長。漫画『動物のお医者さん』に「M山動物園の向田獣医」として登場した。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー