編集者のおすすめ

『時計屋探偵の冒険 アリバイ崩し承ります2』 謎解き小説の楽しさ凝縮

産経ニュース
『時計屋探偵の冒険 アリバイ崩し承ります2』(大山誠一郎著)
『時計屋探偵の冒険 アリバイ崩し承ります2』(大山誠一郎著)

『時計屋探偵の冒険 アリバイ崩し承ります2』大山誠一郎著(実業之日本社・1650円)

「今、日本でもっとも愛される本格ミステリ作家が贈る『至極の作品集』」-。

本作のキャッチコピーです。大げさに思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。浜辺美波さん主演で連続テレビドラマ化された『アリバイ崩し承ります』に続くシリーズ第2弾ですが、その面白さは、前作を優に上回ります。著者の大山誠一郎さんは、読者はもちろん、同業のミステリ作家、評論家、映像関係者、ゲームクリエイターから熱烈な人気を得ています。

物語は、難事件に頭を悩ませる新米刑事が、美谷時計店の店主・時乃にアリバイ崩しを依頼し、彼女がそれを解き明かすというシンプルな構成です。しかし、考え抜かれたストーリー、静かで精緻な文章、素朴で愛らしい登場人物が読者をとりこにします。

5編の短編からなる本作でも特に注目なのが、今年、第75回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した「時計屋探偵と二律背反のアリバイ」です。同時刻に県をまたぐ異なる場所で、2人の女性が殺されます。しかし、容疑者は男性1人。そんな解決不可能と思われる難事件に、時乃が挑みます。

他にも、容疑者の親族3人がおのおの鉄壁のアリバイを持つ「時計屋探偵と多すぎる証人のアリバイ」、時乃が高校時代に挑んだ「時計屋探偵と夏休みのアリバイ」を収録。

謎解き小説の楽しさを堪能できる一冊で、ミステリ初心者にもお薦めです。

(実業之日本社文芸出版部 阿部雅彦)

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか