露カムチャツカ半島で大規模噴火 気象庁、潮位に変化なし

産経ニュース

28日午後5時10分ごろ、ロシア・カムチャツカ半島の内陸部にあるベズイミャンヌイ火山で大規模な噴火が発生した。気象庁によると、北海道の太平洋側をはじめ、日本沿岸の潮位に目立った変化はないという。

気象庁によると、東京航空路火山灰情報センターが、約5万フィート(約1万5千メートル)の噴煙が上がっているのを確認した。今月24日から連続的に噴火が起きていた。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 【再考・犯罪被害者】〈特報〉「あちゅい」耳から消えぬ娘の声 厳罰化へ東名飲酒事故遺族23年の闘い

  2. 「キン肉マン」は今も連載中!作者「ゆでたまご」嶋田さんがアピール ネットの反応「もっと広まってくれ~」「知りませんでした」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  5. 岡山の消えた中3 大阪・広島で目撃情報も、不明4か月で級友はきょう卒業式

今、あなたにオススメ

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン