BIGBOSS効果で平日3連戦も観客増 日本ハム、交流戦初勝利に新庄監督は上機嫌「ガッツポーズし過ぎて肩痛い」

ZAKZAK
メンバー表交換の後でスタンドに向かってアピールする日本ハム・新庄剛志監督
メンバー表交換の後でスタンドに向かってアピールする日本ハム・新庄剛志監督

2夜連続サヨナラ負けを喫した日本ハムは26日のヤクルト戦(神宮)の9回、万波とアルカンタラの2者連続アーチで同点に追いつくと、延長10回に4点を奪い、交流戦3試合目で初勝利。新庄剛志監督(50)は「この3試合、世界中の野球ファンに見せたい試合だった。ガッツポーズし過ぎて肩が痛い。ヤバッ! 一番うれしいのは、今日見に来てくれた方が野球ってこんなに楽しいんだなと思ってもらえたこと」と上機嫌だった。

平日の3連戦は初日に最も観客が集まり、徐々に減っていくことが多い。ところが今カード初戦の24日は2万794人で、2戦目の25日は2万1077人。この日は今季平日最多の2万2046人と右肩上がり。これは交流戦開幕カードで神宮だけだ。

ヤクルトは14日に首位に立ったが、直近の神宮で17日からの阪神戦は3連戦とも1万5000人前後と苦戦。営業担当者は、コロナ禍でテレワークが進んでいることを原因に挙げ「会社帰りに立ち寄ってくださる人がまだ戻ってきていない。チームが強いのに、今までお客さんが入らず選手に申し訳ない。だけど勝っていればファンの方には足を運んでいただける」と分析したが、この3連戦はBIGBOSS効果といっていいだろう。 (山戸英州)

  1. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害