米台、経済連携へ新協議体 IPEF代替狙う ブルームバーグ報じる

産経ニュース

米ブルームバーグ通信は26日、米国と台湾が経済連携のための協議体を立ち上げる方針だと報じた。今後数週間以内に発表するという。台湾は23日に発足したインド太平洋経済枠組み(IPEF)に参加できず、代替する狙いがあるとみられる。

台湾はIPEFへの参加を求めていたが、実現しなかった。台湾参加は中国が反発する可能性が高く、米国は中国と経済的つながりの強い東南アジア諸国の参加見送りを懸念した。別の協議体をつくることで、台湾との関係強化を図る。

報道によると、新たな協議体では供給網の強化や貿易の円滑化などIPEFと重なる内容を話し合う。関税の引き下げは議論しないとみられる。(共同)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…