英シェル、印企業と交渉か サハリン2権益売却

産経ニュース
ロシア・サンクトペテルブルクの給油所に掲げられた英石油大手シェルのロゴ=6日(ロイター=共同)
ロシア・サンクトペテルブルクの給油所に掲げられた英石油大手シェルのロゴ=6日(ロイター=共同)

英石油大手シェルがロシア極東サハリンでの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の権益売却に向け、インドの企業連合と交渉していることが27日、分かった。ロイター通信が報じた。

インドの企業連合は石油天然ガス公社や国営ガス会社「ゲイル」。交渉がまとまるかどうかは不明としている。

シェルはサハリン2の約27・5%の権益を持っているが、ロシアのウクライナ侵攻に伴い、2月末にロシア政府系ガス大手ガスプロムとの提携を解消。3月にはロシア事業からの完全撤退を発表しており、サハリン2権益の売却先に注目が集まっている。

インドにとってロシアは最大の武器輸入先で、歴史的にも関係が深い。日米欧が対ロ経済制裁を科して以降、ロシアはインドに割引価格で原油を販売するなど、新たなエネルギー供給先の開拓を急いでいる。(共同)

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張