逮捕歴ツイート削除訴訟、最高裁で結審 判決は6月

産経ニュース

交流サイト(SNS)のツイッターに過去の逮捕歴が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、男性が米ツイッター社に投稿の削除を求めた訴訟の上告審弁論が27日、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)で開かれ、判決を6月24日に指定し結審した。削除を認めなかった2審東京高裁の判断が見直される可能性がある。

最高裁は平成29年、グーグルの検索結果削除を巡る決定で、グーグルはインターネット上の不可欠な情報流通の基盤で、プライバシー保護が情報を提供する利益(公益性)より「明らかに優越する場合」に削除できるとする基準を示した。今回の訴訟は、この基準がツイッターにも当てはまるかが争点。

男性側は弁論で、ツイッターがなくなっても情報流通が著しく阻害される事態は生じず、グーグルを巡る基準をツイッターに当てはめた2審の判断は誤りだと指摘。「ネット上の記事で苦しんでいる人は多数いる」と訴えた。

一方、ツイッター社側は「情報流通基盤として、ツイッターは大きな役割を果たしている」などと反論した。

男性は平成24年に建造物侵入容疑で逮捕され罰金刑を受けた。実名報道されたネット上の記事を引用したツイートが複数投稿され、就職活動に支障が出たと訴えている。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  5. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり