和歌山城再発見

<1>城ホールからの絶景堪能

産経ニュース
和歌山城ホールから望む天守群と二ノ丸 =和歌山市
和歌山城ホールから望む天守群と二ノ丸 =和歌山市

和歌山市役所の東側に隣接し、昨年10月に開館した「和歌山城ホール」は、和歌山城の三ノ丸に位置します。最上階(5階)の「屋上庭園フロア」からは、和歌山城の北面が展望できる絶好の場所です。

緑に囲まれた丘は、東側の頂が本丸御殿跡、西側の頂が天守曲輪(くるわ)(郭)で、真っ白な大・小天守と多門櫓(やぐら)で各櫓(天守群)を結ぶ連立式天守の姿が望めます。

この形式は、姫路城(兵庫)、松山城(愛媛)と類似し、三大連立式天守と呼ばれています。

麓(ふもと)に目を向ければ、大手門から西に延びる石垣と、水堀の内側に広がる二ノ丸跡も。まさに、「近世城郭」のイメージを絵にかいたような絶景です。

市内の中心部にある和歌山城には、昭和20年の和歌山大空襲で焼失するまで、江戸時代の天守(国宝)が丘上にそびえていました。

現在の天守は、市民の要望もあって、33年に再建されたものです。外観はコンクリート造りとはいえ、江戸時代の天守と違わないことは、光井渉氏の著書「日本の歴史的建造物-社寺・城郭・近代建築の保存と活用」(中公新書)で「誰もが認める外観の『正しさ』」と高く評価されています。

その白い連立式天守の容姿は、四方からそれぞれ異なった形に見えます。江戸時代の人々も城下町から、現在と同様さまざまな形の天守を眺めていた-。そう思うだけでも、ロマンを感じさせます。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」