「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

ZAKZAK

異変は他にもある。5月初旬から、中国語のSNS上で「習近平退陣」という未確認情報が流れたのだ。「偽情報」「フェイクニュース」という分析が多いが、共産党の最高機関と位置付けられる党大会を見据えて、さまざまな問題が噴き出しているようだ。

注目の党大会では、重要事項や指導部人事などが決まる。習氏は2017年の前回大会で、新たな党規約に「習思想」を明記させ、毛沢東、鄧小平に次ぐ権威を確立させた。翌18年には憲法改正を行い、国家主席の任期(5年2期)を撤廃し、不動の地位を確立したとみられていた。

中国に詳しい評論家の宮崎正弘氏は「習体制は以前ほど盤石ではない。新型コロナで上海市などの機能が停止していることに加え、ウイグルでの人権侵害や、米中摩擦による国内経済の停滞といった問題を多数抱えている。党内の不満はたまっている」と指摘する。

約9600万人ともいわれる中国共産党員のうち、中央幹部は最高指導部の政治局常務委員(7人)と、政治局員(同25人)で構成される。万が一、習氏が失脚するとすれば、「ポスト習」は誰なのか。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」