長崎大にウクライナ研究者 日本語で「うれしい」

産経ニュース
長崎大に到着し取材に応じる、ウクライナから避難してきたプラソル・エブゲニアさん=26日、長崎市
長崎大に到着し取材に応じる、ウクライナから避難してきたプラソル・エブゲニアさん=26日、長崎市

ロシアによる侵攻でウクライナから避難してきたプラソル・エブゲニアさん(36)が26日、受け入れ先の長崎大(長崎市)に到着した。日本文学を研究していたプラソルさんは大学職員として働く予定。記者会見で「非常事態に受け入れてくださり、うれしく思います」と日本語で話した。

侵攻後約1カ月はドニプロの自宅にとどまっていたが、その後、ドイツの友人宅に身を寄せていた。記者会見ではウクライナに残る母親らを思い「危険な状態で心配だ」と話した。

今後、大学教員のアシスタントやウクライナからの避難学生の支援などを行う。

プラソルさんはウクライナの大学で日本文学の講師を務めた。平成28年から4年間、長崎大大学院で学び、修士課程を修了。ウクライナに戻った後は日本語教師や翻訳家をしていた。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー